稲庭うどんの製造工程Production Process

喉ごしも滑らかな「稲庭干饂飩」は、
子から孫へと一子相伝、
門外不出の技による完全なる手作業から生まれる。

1日目

1練る

特製専用粉に塩水を加え、団子状にまとめていく。塩水の量は長年の勘。

佐藤養助 稲庭うどんの製造工程 1日目 1.練るの写真

2熟成


3繰り返し

熟成した生地を練り返し、しばらく時間をおいた後、また練り返す。生地がだんだん熟成していく。


4熟成


5小巻き

熟成された生地をのし、約3cm幅に切る。これを転がしながら角を取り、輪に巻きながらたらいに入れ、さらに熟成させる。

佐藤養助 稲庭うどんの製造工程 1日目 5.小巻きの写真

6熟成

2日目

7綯う

小巻きにした生地を両手でよりながら、2本の棒にあやがけしていく。

佐藤養助 稲庭うどんの製造工程 2日目 7.綯うの写真

8熟成

2本の棒をまとめて木箱に吊るすようにかけ、しばらく熟成させる。

佐藤養助 稲庭うどんの製造工程 2日目 8.熟成の写真

9つぶし

佐藤養助 稲庭うどんの製造工程 2日目 9.つぶしの写真

10熟成


11延ばす

うどんをけたにかけ、手でさすりながら約120cm程に延ばす。

佐藤養助 稲庭うどんの製造工程 2日目 11.延ばすの写真

12補助乾燥

3日目

13乾燥

中までしっかり乾燥するように状態を見ながら一昼夜乾燥させる。

佐藤養助 稲庭うどんの製造工程 3日目 13.乾燥の写真

14裁断


15選別

丹念に一本一本確認し、一定の太さに取り揃える。

佐藤養助 稲庭うどんの製造工程 3日目 15.乾燥の写真

4日目

16品質検査


17検査


18包装梱包


19出荷

佐藤養助 稲庭うどんの製造工程 4日目 19.出荷